病理検査で何が分かるのか
  • HOME
  • >
  • 病理検査で何が分かるのか

病理検査で何が分かるのか

病理検査には、2つの重要な役割があります。1つ目は、超音波診断や内視鏡診断などで癌の疑いが指摘された部分の細胞が本当に癌なのか、またどのような癌であるのかを検査することです。もうひとつは、手術で摘出した組織から、切断面に癌細胞があるか(癌部分が全て除去できているのか)を検査することです。乳癌や肺癌などの一部の癌では、どの抗癌剤が効くのかを確認できる場合もあります。