なぜ病理検査が必要なのか
  • HOME
  • >
  • なぜ病理検査が必要なのか

なぜ病理検査が必要なのか

なぜ、病理学が研究され、病理検査が必要なのでしょうか?例えば超音波検査によって、胃に潰瘍のようなものあると指摘されたとします。この潰瘍のようなものが癌であった場合は、良性か悪性かを判別し、癌部の摘出や抗癌剤による治療などが必要になります。潰瘍であれば、炎症を起こしているだけですので、癌のように摘出する必要はありません。潰瘍であるのか、癌(良性または悪性)であるのかを判定するために病理検査が必要となるのです。また、病理検査は手術で摘出した組織から、切断面に癌細胞があるか(癌部分が全て除去できているのか)を確認したり、摘出した癌細胞の状態から抗癌剤の種類や投与期間などの治療方針を決めるために重要な検査なのです。