病理検査(病理診断)について
  • HOME
  • >
  • 病理検査(病理診断)について

病理検査(病理診断)について

病理検査(診断)とは、病気の疑いのある部位を目と顕微鏡で観察して、どのような病気であるのかを調べるものです。具体的には、超音波診断や内視鏡診断などで癌の疑いが指摘された部分の細胞が本当に癌なのか、手術で摘出した組織から、癌部分が全て除去できているのかなどを顕微鏡で詳しく見て判断する検査です。
病理検査(診断)は患者の手術方針や治療方針を左右する確定診断などに利用される重要な検査になります。

 

病理検査(診断)は以下の3つからなります。

1.組織診断
臓器を構成している組織の細胞の形態変化から病気の診断、分類を行う検査です。針生検や内視鏡検査などで採取した生検材料や手術で摘出された組織などをHE染色(ヘマトキシリンエオジン染色)や免疫染色、特殊染色により染色し、目で観察できるように標本化して診断します。

2.細胞診断

尿や痰のように患者自身が排泄したものや、乳腺・甲状腺・子宮頸部などから、針や綿棒などを用いて採取した細胞に癌細胞が混じっているかどうかを診断します。検体採取の際、患者に侵襲が少ないため、簡単に反復検査が可能です。

3.病理解剖(剖検)
死亡後の診断が本当に正しかったのか、適切な治療がなされていたのか、あるいは治療効果がどの程度あったのか、死因は何であったのかなどを確認し、以後の医療に役立てるために行います。